包茎で悩んでる方の専門サイト。包茎の悩みは早期解決!

包茎、長茎、早漏治療。男性の悩みを早期解決。人に相談しにくい下半身の悩み…そんな悩みを持つ方へ。治療は手術の情報など、悩みを解決に導く様々な知識をお届けします。

治療内容

難度の高い包茎手術

他院修正手術

男性の下半身の悩みは深刻です。大っぴらに人に相談できないということが影響していると思います。手術しなければいけないということが分かっているけれど、できれば避けて通りたい、ということで延び延びになってしまうというのが本音のようです。
最近は下半身の悩みに対応するメンズクリニックが多く開院しています。特に東京、神奈川、千葉、埼玉などの首都圏には、多くのメンズクリニックがあるようです。しかし人に相談しにくいし、どこに行けばいいかも分かりません。そんな悩みを持つ方に向けて、包茎手術をはじめとした情報を提供するために、このサイトを立ち上げました。
特に、東京、神奈川、千葉、埼玉にお住まいの方に包茎手術、長茎手術、亀頭増大、陰茎増大、早漏治療、尖圭コンジローム治療、男性避妊術パイプカット、ED治療、完全無痛麻酔、他院修正治療などについてアドバイスさせていただきたいと思います。包茎手術成功のコツは何と言っても名医に巡り会うことです。正しい知識を得てカリスマ医師に巡り会い手術を成功させてください。東京、神奈川、千葉、埼玉にお住まいの方を中心とした包茎手術相談、包茎治療相談をお待ちしています。

他院修正手術 - 「手術の傷が気になる…」「前に手術したのに、また被ってきた…」一人で悩まずご相談下さい
完全無痛麻酔 - 手術に興味はあるけど、痛いのはちょっと……そんな方もご安心ください
包茎手術Q&A - あなたの疑問にお答えします

治療内容

包茎手術

仮性包茎、カントン包茎、真性包茎に対し美容外科的テクニックを駆使し、包茎手術を行います。

長茎術

短小で、陰茎が短い方には長茎術をお勧めしています。日本国内でも有数の長茎手術症例数を誇ります。高い技術により、確実な長茎効果が得られます。

亀頭増大・陰茎増大

亀頭が小さい方、陰茎が細い方には亀頭増大、陰茎増大手術がお勧めです。ヒアルロン酸やコラーゲンを亀頭や陰茎に注入することにより亀頭増大、陰茎増大が可能です。自己脂肪を採取して注入する増大手術も可能です。

早漏治療

早漏でお悩みの方のご相談にも対応しています。亀頭にコラーゲン、ヒアルロン酸を注入することにより、カリ高を実現し、早漏を防止します。

亀頭周辺のブツブツ

亀頭周辺のブツブツは尖圭コンジローマというウイルス性の性病の可能性があります。症状のないまま進行し、ヒトに感染します。人に移してしまったら大変です。おかしいなと思ったら早めに治療することが大切です。

シリコンボール

人体に無害な医療用シリコンボールを陰茎の皮下に挿入し性交渉時の強化を行います。不要になったシリコンボールを除去する治療も可能です。

パイプカット

パイプカットとは、陰嚢の小切開より精管を結紮、切離することによる避妊手術です。手術後、避妊は不要になります。射精感は変わりません。

勃起不全(ED)治療

勃起不全の方に、ED治療薬の相談も受け付けています。医師診察の上、バイアグラ、レビトラ、シアリスなど、その方にあった薬剤を処方可能です。

完全無痛麻酔

麻酔をする時のチクッとした痛みも我慢できない方の為に完全無痛麻酔を用意しました。手術は寝ている間に終了します。手術に興味はあるが痛いのは嫌という方に力強い味方です。

カリスマ医師を探せ

手術の成功は、手術の上手い先生に出会えるかということに尽きます。そこでメンズクリニック系手術の、カリスマ医師をどのようにして探し出すかという方法について考えてみました。

難度の高い包茎手術

糖尿病性包皮炎

糖尿病が原因で亀頭包皮炎を繰り返し、包皮に亀裂が入り痛みを生じることがあります。糖尿病性包皮炎は手術が必要になる場合もあります。

絞扼輪の亀裂

包皮に強い絞扼があると、絞扼輪が切れたり裂けたり表皮剥離して、痛やや出血を認めることがあります。このような場合外科的包茎治療が必要になります。

カントン包茎の包皮腫大

包皮の絞扼が強く剥け難い状態で無理に包亀頭を露出すると戻らなくなり包皮が腫大し痛みを伴うことがあります。自己整復は困難であることが多く早めに医療機関を受診することが必要です。

包皮の捻じれ

包皮口が狭く、捻じれて横についている方がいらっしゃいます。尿が横に飛んだり、陰茎が捻じれたりすることになります。

陰毛の絡まり

短小包茎で包皮に絞扼があると陰毛が絡まり、排尿時に手間がかかる、包皮が切れて痛いなどの相談を戴くことがあります。

強度埋没陰茎

陰茎が下腹部に全く埋まっている場合を強度埋没陰茎と言います。衛生面や美容面から相談が寄せられています。強度埋没陰茎の治療には恥骨部の脂肪吸引手術が必要な場合があります。

癒着性包皮炎

包皮炎を何度も繰り返し慢性的に経過すると亀頭粘膜と包皮が癒着し剥がれなくなってしまうことがあります。包茎治療のためには癒着部位を剥がす必要があります。

矯正器具治療薬のトラブル

包茎矯正器具や包茎治療薬を通信販売で買い使ったがトラブルを起こしたという相談をいただいております。

横向きペニス

包皮の突っ張りやアンバランスにより陰茎が横を向いているという相談を受けることがあります。日常生活や性交渉時に支障をきたす場合は手術が必要です。

他院修正手術

包茎手術したのに被る

包茎の手術をしてもらったが、まだかぶるという方に御来院いただいています。包皮を切り足りない場合と陰茎が腹部に埋没するために被るケースがあります。

傷が気になる

傷は稚拙なデザインや縫合技術により目立つことがありますが、ほとんどの場合で修正が可能です。

クランプ法の傷修正

クランプ法は出血が少なく短時間で終わるために広く行われていましたが、数か月して傷が盛り上がってくることがあり、美容外科クリニックでは行われなくなっています。

包皮のリング状肥大

包茎手術後包皮がリング状に腫れてくることがあります。包皮の絞扼輪が取れていないことによるり包皮の循環不全を起こしていると考えられます。

陰茎ペリカン変形

包茎手術後、小帯部裏筋が腫れることがあります。ペリカンの嘴から喉の構造に似ているために、ペリカン、ペリカン変形、ペリカン嘴状腫大と言われることがあります。

陰茎ワセリン除去

背面切開による包茎手術は保険診療でよく行われる包茎手術法です。手術後包皮が裏筋に溜りだぶだぶになることがあり修正希望の声もあります。

包皮のリング状肥大

陰茎増大を目的として陰茎にワセリンや液状シリコンを入れた場合、徐々に陰茎が変形することがあります。ワセリンやシリコン除去手術は難易度が高い治療になります。

▲ページの先頭へ